風俗は戦場ほど忙しいと言う体験談です。

風俗デビューは初めてづくし

投稿日:2016年3月23日

ぼくはこれまで、一人のまじめ人間として過ごしていました。でも、このたび、めでたく風俗デビューしてしまいました。それは地元のデリヘルでした。地元で遊べるお店を検索しているってあたりが、ぼくの小市民ぶりを表しているのかもしれませんが。とにかくせっかくこういうお店の予約をしたのだから、楽しまなければなりません。部屋に女の子が到着し、すぐさま抱きついてきます。彼女の密着具合がたまりません。非モテとして過ごしてきたので、女の子と顔をこれほど近づけたことがありません。緊張しながら、少し話をします。そして、キスをします。正直言って、初めてのキスでした。女の子の唇のやわらかさが印象に残ります。そして、10分ほど過ぎたころ、お互いに服を脱いでついにエッチな展開になっていきます。彼女はぼくのアソコを夢中でしゃぶりつきました。乳首を舌先で転がす感触なんて、生まれて初めてです。それに女の子の肌の感触というのは、たまらないですね。もう風俗をやめられそうにありません。

もう少しエロければ

自分の住んでいる地元はなかなかに風俗店が元気なところです。今回はデリヘルを利用してきました。午前中に予約の連絡をしたんですが、少し待ち時間があるとのこと。朝からスケベな連中が多いことで。・・・自分も人のことは言えませんが。随分待ったなあ。やっと連絡があり、女の子が部屋にやってきます。嬢と対面です。かわいい! 普通にアイドルでも通用しそうなくらいかわいらしい子でした。フリーで入って、しかもこの日混んでいるのにこういう子に出会えるなんて、このお店はどれだけレベルが高いのでしょうか。会話もそこそこに、シャワーを浴びてからプレイ開始です。かわいい子は、声もかわいいです。責めていると、声を出すのをこらえようとしても声が漏れてしまう感じが、たまらなく興奮させます。しかし、こっちからの責めはいいのですが、彼女からの責めはありません。もっとエロくて濃厚なサービスを期待していたのに、ちょっと残念でした。素股で発射。快感でしたよ。もっとエロくて積極的だったら、100点満点だったのに、惜しいです。